はじめまして。
eフォトブック制作室です。


eフォトブックでは、お客様から預かった原稿を、
フォトブックに製本するサービスを提供しています。
制作したい原稿サイズの用紙に写真を貼るだけなので、
誰でも簡単に作れちゃいます。

撮影した写真たち、しまわれっぱなしになっていませんか。
eフォトブックなら、他の書籍と一緒に本棚に置けて
いつでも手軽に見ることができます。

自分の手で制作したフォトブックは、「フォトブックを作った」
という思い出や達成感もプラスされ、暖かみ溢れる大切な宝物となるはずです。

そんな日常に溢れている大切な思い出たちを
形にするお手伝いをさせていただけたら嬉しく思います。
製本タイプ・価格
eフォトブックは大きく分けて、フォトブック製本とカレンダー製本があり、
それぞれ2種類づつタイプをご用意しております。
無線とじタイプ リングタイプ
2020年6月から価格が変更となりました。
以前と計算方法が異なりますのでご注意ください。
計算式⋯A.基本価格+(B.冊数価格×冊数)=総額
例)A4/20P/20冊の総額
無線とじタイプ リングタイプ
A.基本料金 B.冊数価格  冊数 A.基本料金 B.冊数価格  冊数
6,500+(1,250×20) 6,500+(1,300×20)
31,500 32,500
 
中とじカレンダー 卓上リングカレンダー
中とじカレンダー 卓上リングカレンダー
1ヶ月タイプ11冊以上の1冊あたり 3冊目までの1冊あたり
31,500 32,500
1ヶ月タイプ11冊以下の1冊あたり 4冊目以降
31,500 32,500
ご注文の流れ
eフォトブックは、原稿の作り方によってご注文方法が異なります。
大きく分けて3パターンございますので、
お客様の原稿の作り方に合った、ご注文の流れをご確認ください。

原稿の作り方
自由に切り貼りして作れるeフォトブックですが、原稿を作る上でいくつかルールがあります。
守られていない原稿は返却する場合がございますので、
しっかりチェックし、制作を開始しましょう。
紙原稿のつくり方
製本タイプのページ構成を確認 材料を揃える 原稿作成スタート
製本タイプによりページ構成が異なるため、しっかり確認してから作業を開始してくだ さい。特に無線綴じは、表・裏表紙の前後に、白紙が入るのでご注意ください。
材料についての注意事項(ホームページ原稿の作り方・制作ガイド参照)をご確認後、写真・台紙・はさみ・のり・ペン・シール など、作成に必要な物をご準備ください。
A4用紙1枚が1P分です。表に写真、裏にページ番号を記入してください。原稿端から10mm内側にあたりをつけ、断裁位置や注意事項をよくご覧いただいてから原稿の作成をお願いします。
データ原稿のつくり方
製本タイプのページ構成を確認 各ソフトでサイズを設定する 原稿作成スタート
製本タイプによりページ構成が異なるため、しっかり確認してから作業を開始してくだ さい。特に無線綴じは、表・裏表紙の前後に、白紙が入るのでご注意ください。
自分の作成するサイズに設定します。A4(210×297)またはA5(148×210)AdobePhotoshopとMaicrosoft Wordで作成の場合は、テンプレートのご用意があります。
原稿端から10mm内側にあたりをつけ、断裁位置や注意事項を理解しながら原稿を作成していきましょう。出来上がったら、PDF形式で保存し、ファイル名をページ番号にしてください。
ご不明点ございましたら下記「よくある質問」からご確認後
解決しない場合は、お問い合せフォームからご連絡ください。